小豆島 桜満開、見どころいっぱい1日目

訪れたのは2018年3月31日~4月1日

暖かくなったこの時期、いつものように深夜に出発して、途中のSAで車中泊、そしてまた車を走らせて日生のフェリー乗り場に到着しました。

日生から小豆島へフェリーで渡る

瀬戸内観光汽船が運航しているフェリーです。車も運んでくれます。

12時35分発の便に乗船しました。予約はしていませんでしたが乗ることができました。

車のまま船に乗り込むとき、毎回ウキウキします。

乗船時間は約1時間です。

瀬戸内海をクルージングです。

こう見えて愛車と一緒に移動中です。

1時間ほどで小豆島の大部港に到着です。

道の駅 大阪城残石記念公園

道の駅(物産店)としてはこじんまりとしていますが、大阪城を作る際に切り出された石や、その運搬方法などが展示されています。

今のように重機やトラックなどがない時代に、こんなに大きな石を島から切り出して運ぶなんて想像を絶します。そのような大事業をやってのけた当時の人たちは本当にすごいなと思います。

小豆島というとオリーブの島という印象の方が強いですが、石の島なんですね。

エンジェルロード

「天使の散歩道」という素敵な名前のついたところが小豆島にはあります。

1日2回、潮が引いた時だけ現れる道。

小豆島の土庄町の観光サイトでエンジェルロードが現れる時間を調べることができます。

ちょうどいい時間だったので行ってみました。

無料の駐車場に車をとめて、隣接している観光案内所に行くと、その前にこんなにかわいいポストがありました。

天使のポストと呼ばれているそうです。

天使のポスト

エンジェルロードは歩いてすぐです。

はかない感じの細い道が現れているのかな?ちゃんと歩けるのかな?足元は濡れないかな?

そんな心配をしていたのですが…

かなり広くてしっかりした砂の道がありました。

砂は全然ぬかるむような感じもせずに歩けます。

目の前に見える島とつなっがています。その向こうにも島がさらに2つあり歩いて行くことができます。

面白い形の岩があったりするので遊べますよ。

1日2回、とはいってもその間5~6時間は道ができているようなので、見られる確率は高いのではないでしょうか。

江洞窟(ごうどうくつ)

弘法大師にゆかりのあるお寺です。お寺という紹介ですが、鳥居があるし神社っぽいですよね⁇

不思議な場所にある不思議なお寺という雰囲気があります。

洞窟という名のと通り、社の内部は洞窟となっていて、大きな凡字が浮かび上がっているのが見えました。

首から上の病にご利益があるパワースポットです。

重岩(かさねいわ)

細ーい道をくねくね行くと駐車場があります。

といっても4台くらいでいっぱいになりそうなスペースしかないですし、場合によってはUターンも困難になるかもしれません。ご注意ください。

夕方に行ったときは誰もおらす、桜も咲いていてとてもいい雰囲気の場所でした。

駐車場から見上げると小高いところに岩場が見えます。重岩はあちらにあるので、駐車場から階段を歩いて行くことになります。舗装してあるきれいな階段ですが、歩きやすい靴がよいでしょう。

ちょっとだけ頑張って登ると、絶景と不思議な岩が待っています。

石の島とはいうけれど、どうしてこうなったんだろう。

そう思わずにいられない重岩です。

ここからは海を見渡すこともできる展望スポットでもあります。

ちょうど日没の時間が迫っていたので、とても美しい光景を見ることができました。

重岩に来る前後に県道254号線を走りましたが、海沿いの道で気持ち良いドライブコースでした。

この日の温泉

道の駅 小豆島オリーブ公園の敷地内にある「サン・オリーブ温泉」を利用しました。

白亜の海外風?の建物

利用したのは夜だったので何も見えませんでしたが、高台に建っているので明るい時間だとお風呂から海を見渡すことができるようです。

露天風呂や寝湯、サウナなどがありのんびりと入浴できます。

12:00~21:45まで営業しています。

建物内にはレストランやホール等もあります。

この日の車中泊場所

道の駅 小豆島オリーブ公園で車中泊しました。

この道の駅は広大なオリーブ畑のなかにあり、敷地内には温泉施設のサン・オリーブや土産物屋のオリーブ記念館、ホテル、風車などが点在しています。

オリーブ公園は緩やかな山の斜面を利用したものですが、駐車場はフラットです。

トイレは少し階段を上ります。

静かでした。

まとめ

  • 小豆島は「島」なので船に乗る必要があります。
  • 四国からだと香川県の高松からたくさんの船が出ています。
  • 本州側からだと今回い利用した日生の他に、姫路や神戸、宇野からもフェリーが出ています。
  • 車も一緒に運びたいならカーフェリーを利用します。
  • それぞれ、乗船している時間や到着する港がことなるので、よく確認して自分の予定にあった船を利用しましょう。
  • エンジェルロードに行く際は引き潮の時間を確認してから行きましょう。
  • 重岩までの道は狭いので注意が必要です。
  • 重岩から道の駅小豆島オリーブ公園に向かい際、夕食を食べられる店ということで、当時はディナータイムの営業もしていた「井上誠耕園」におじゃましましたが、そこ以外はほとんど店を見つけることはできませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です